ノート以上SNS未満

Web界隈でのらりくらりする、東北楽天ゴールデンイーグルス好き、プロ野球好き、お酒・酒場好きな88世代が綴るブログ。

名前を記す重さ~プロ野球・統一球問題で思うこと~

ブログの更新頻度は多すぎず少なからずがいいですね。

先発ローテーション入りする投手の登板間隔のように。

おっと、野球用語が出てしまったぞ。

このブログでは野球以外の事を書こうと決めていたのに。

 

と、我慢しきれずに書いてしまいます。野球のこと。

All About News Dig」へ、ひょんな事から登録してしまったので。

幅広く幅広く書いていきますかね。今はまだ薄いかもしれませんが。

 

さて本題。統一球、なんだかワケわからないですね。

野球ファンにも関わらず、結構いい加減な書き出しですが。

ものすごくいい加減な事をNPBはやっていただけに、自分もそう反応するしかありませんでした。加藤良三氏は何やってるんですか、歴代コミッショナーの悪いバトンを見事に受け取っているじゃないですか。もういい加減に…

書き出したら止まらないほど憤っています。

 

憤ったら憤ったらで、何を今更な感じなので、感情的になるのはこの辺りで控えておきます。ただ、NPBが2011年に統一球を導入する際に、加藤良三氏自身のサインを全ての球に印刷しており、署名をしているのにも関わらず「俺、知らん…」と言わんばかりの談話ばかりで呆れ返ってますよ。自らの名前を印刷している、でも責任はとらない。名誉の為だけにコミッショナーをやっていたんでしょうね。名前を記す重さはこんなに軽くていいのでしょうか。

 

書いたら書いたで吠えるピッチが早くなりそうなので、この辺りにしておきますが、コミッショナープロ野球全体をどんな感じに見ているのか気になりますね。あーやれやれ。