しょうもない雑記帳

プロ野球好き、楽天イーグルス好き、宮城県好き、インターネット好き、酒好きのなんでもあり雑記

神楽坂でしか食べられないペコちゃん焼を甘く見ていた、甘かったんだけど甘くなかった。

どうもこんばんは、しょうです。

年末年始の勢いで日々呑みまくりですが、今回は甘いものの話です。

※と言いながらもハイボール呑みながら書いてます、サーセン

ペコちゃん焼をふと思い出す。

今日、東京の神楽坂近辺を人生で初めて街歩きしてまして、その近所の神社にお参りした後、大判焼かたい焼き食いたいなと商店街をブラブラしてました。

そういえば、不二家のペコちゃん焼が神楽坂近辺にあったなと、仙台に住んでいた時に読んでいた観光ガイド(多分るるぶ)に書いてあった事を思い出しました。その観光ガイドを読んでペコちゃん焼を知ったのは10年以上前。もしかすると閉店しているかという不安感を抱きつつ、お店に向かったのですが…健在でした!

ようやく出会えたペコちゃん焼。

神楽坂の不二家に入り、お店はペコちゃん焼を推す雰囲気が見られました。そりゃあ全国でこのお店しか食べられませんからね。お店が推すのも無理はありません。

ペコちゃん焼とは…

ペコちゃん焼、ざっくり言うとペコちゃんの形をした大判焼です。

当然のことながら不二家が絡んでいます。となると、不二家にちなんだ味も取り揃えていました。この日に注文したカントリーマアムクリーム味とか、写真にはありませんが板チョコ味が、まさに不二家らしい味でしょう。

f:id:liquidwave:20160110213317j:plain

この他にもオーソドックスなあんこやカスタード、ピロシキといったメニューも用意されてました。詳しくは公式サイトをご覧くださいませ。

ペコちゃん焼と初対面、が…

注文後、ペコちゃん焼を受け取り、早速ためしてみることに。

現物は何とも…ちょっと食べるのに申し訳ないような形状でした。

https://www.instagram.com/p/BAWcZW4zIfV/まんまです、まんまペコちゃんです!

目の位置に気泡による穴が空いていることで、目からクリームが出るんじゃないかという不安がありましたが、ペコちゃん焼を可愛らしく、無事に完食できました。

これ、食べる前にほっぺたや目や口からクリームやあんこが出てきたらどうなるんですかね…ちょっとガクブルだったりします。味は甘いけど、現物をちゃんと考えて食べるとなると、そう甘くはありません(何を言いたいんだ…)

おいしかったですよ、まずは試してください。

あんこ・クリーム漏れの不安に打ち勝ち、無事に完食出来ました。

味はかなり美味しかったのですが、この何とも言えない心情でペコちゃん焼を楽しむのは不思議な感覚に陥ります。是非一度経験した方がいいかと。お店のリンクを置いておくので、神楽坂へ行かれる際は是非楽しんでみてください。

pekochanyaki.jp