しょうもない雑記帳

プロ野球好き、楽天イーグルス好き、宮城県好き、インターネット好き、酒好きのなんでもあり雑記

アパ社長カレー、ついに東京にも出来たってよ。

11月。肌寒い日が増え、気候の急降下も徐々に増え、体調がちょっとイマイチ。

こういう時は元気出さないと。何で出すかって?

カレーでしょ!

ということで今宵のディナーはカレーにしました。

そして東京飯田橋で所用があり、その帰りに最近気になっているカレー屋さんへ。

飯田橋駅から徒歩5-6分ぐらいの場所でしょうか。ありました。

f:id:liquidwave:20171108195247j:plain

最近、にわかに話題になっている「アパ社長カレー」が東京飯田橋に初進出。

アパ社長はあのアパ社長。元谷芙美子さんです。

私がアパ社長でおなじみですね。東京では赤坂見附のビルの看板が印象深いです。

そのアパ社長のイラストがお店の看板に描かれています。まさに象徴。

これまで広島に出店、最近では大阪にも出店と、じわりじわりと店舗を増やしているようですが、つい最近満を持して首都圏にも進出してきました。

アパ社長カレーとはどんなものか…

「アパ社長カレー」は、アパホテル直営レストランで生まれた
アパホテル社長 元谷芙美子が自信を持ってお奨めする本格派ビーフカレーです。
アパホテル発祥の地、石川県の金沢カレーをベースにキャベツを添えることで、さらにおいしくなるカレーに仕上がりました。

公式サイトより抜粋しましたが、やっぱり食べてみないと分かりませんよね。

早速入ってみた

お店の規模はコンパクト。15席前後の席数でしょうか。

店内にはアパ社長のトレードマークである帽子が飾られていました。

f:id:liquidwave:20171108224239j:plain

その下には達筆な字で書かれている色紙が。なんと書いているのでしょうか。

「私が社長です。皆様カレーを召上り 華麗な人生を。」

アパ社長、華麗にカレーを掛けてきました。

それを眺めながらカレーを待ち5分ちょっと。5分で華麗な人生へ近づけるなんて何という早さだ…。

f:id:liquidwave:20171108195447j:plain

そうこうしているうちにカレーが到着です。

アパ社長カレーが目の前に。華麗なる戦いが始まる。

今回私が注文したのはロースカツ社長カレー(830円)

f:id:liquidwave:20171108224228j:plain

ちなみにロースカツが社長じゃありません。もちろん社長はあの方です。

他のメニューにもエビフライ社長カレーハンバーグ社長カレーと、各カレーメニューに「社長カレー」が名前に入っています。

f:id:liquidwave:20171108224232j:plain

見ての通り金沢カレー。全国的にはゴーゴーカレーのイメージが強いですよね。

もちろんキャベツも乗っかっています。ゴーゴーカレーとの違いはルウが多い点でしょうか。個人的にもっとキャベツが多くても良かったなぁと感じました。

f:id:liquidwave:20171108224235j:plain

ちなみにスプーンは先割れ型。カツもカレーもスムーズに楽しめます。

f:id:liquidwave:20171108224223j:plain

ロースカツ社長カレーはあっという間に完食。目の前のナプキンにもアパ社長のイラストが描かれていることに気づき、カレー屋さんに懸ける強い想いを感じました。

f:id:liquidwave:20171108195307j:plain

店を出た時に店員さんと軽く話したのですが、今度ラタトゥイユ社長カレーもどうぞと。ロースカツ社長カレーの次にオススメのようですね。どんな味なんだろう。ごちそうさまでした。

アパ社長カレー 飯田橋駅南店

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目1-4 アパホテル飯田橋駅南〉1F

営業時間/11:00~21:30 ※日曜定休

https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekiminami/restaurant.html

tabelog.com