読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノート以上SNS未満

Web界隈でのらりくらりする、東北楽天ゴールデンイーグルス好き、プロ野球好き、お酒・酒場好きな88世代が綴るブログ。

プロ野球の試合撮影が好きな人に悪い人はいないと思うよ、うん。

プロ野球 プロ野球-写真撮影

こんばんは、しょうです。レモンサワー飲みながらブログを書いています。

色々と言いたいタイミングなのですが、ほろ酔い気分で執筆とかホントダm(ry

懸案だった洗濯のりのキーピングが近所のヤマダ電機、ドラッグストアやホームセンターじゃなくて、なぜか…

ヤマダ電機で見つかった!

意外なお店で見つかったので浮かれてますw

 

糊付けは多分土日にやるので、その話はさておいて。

今回は予告通りに「野球観戦時のカメラ事情」に書いてみようかなと。

プロ野球シーズンが終わって心寂しくなっちゃったんでw

そういえば賞を採りました、あざす!

僕がこよなく愛する楽天イーグルスInstagramアカウントにて「ベストEスタグラマーは誰だ」というフォトコンテスト企画が行われ、写真撮りまくったし一応出しとくか…と軽い気持ちで応募したら2位になりました。2位じゃダメな人ではなかったので物凄く嬉しかったです!特に賞品が貰えるものではなかった(1位と特別賞のファンの方には渡ったようですが)のですが、多くの皆さんから「おめでとう!」などのお祝いの言葉を掛けられたのがたまらなく嬉しかったですね。

2位なので、1位の方や他の方の写真がもっといいと思っているのでこの辺で…

賞が決まった時は何してた?

日比谷公園で鍋食ってました!

https://www.instagram.com/p/-8JxxDzIQk/

たまたま行ったご当地鍋フェスティバル@日比谷公園で博多水炊きを食べていた時に、鍋の写真にもかかわらず「おめでとう!」とインスタに何件かコメントが入っており、俺鍋フェスの出店者じゃないのに…全日本芋煮会同好会の企画運営メンバーの一員として活動する身としては、非常に不思議でした。後々、その事実が分かり、鍋フェスでチューハイを買って祝杯挙げた話はあまり広げないことにしますw

話はそれて本題に…

最近、いつもこのパターンですんません…

前述のコンテストで2位を頂いて以降、色々と試合撮影について聞かれる事が多くなり、僕の考えをいつかブログで書こうと思ったのが今回の主題です。友人にプロカメラマンさんやガチの写真好きの方がおり、大変恐縮です!と今はなき梨元勝さんばりに言いたくなっちゃいますが、僕なりの考えを書いてみます。

試合撮影との出会い、そして今…

プロ野球の試合撮影をはじめて11年目。InstagramFlickrなど写真を扱うWebサービスがそこまで栄えていない時から撮ってました。楽天イーグルスが地元に出来た時、僕は高校生で新聞部に所属しておりまして、校内の部活動やイベントの撮影を頻繁に取材することが日課でした。その延長線上として試合の撮影をはじめ、次第にライフワークとなりました。

https://www.instagram.com/p/-0SIPXzISW/

撮影を始めた当時は高校生の経済力からかコンデジが精一杯。それでも、時折部活で使っていたそこそこいいカメラを使わせてもらったりと、それなりにいい経験もさせてもらったことも。上の写真はイーグルス上陸前年の県営宮城球場

7.8年は望遠ズームが効いたコンパクトデジカメをメインで使っており、一眼レフへの思いを馳せながらも使いまくっていましたね。

https://www.instagram.com/p/-_0D09zIXk/

きっかけは2012年。

2012年、友人から一眼レフを譲り受ける機会があり、本格的に試合撮影にハマったのでした。それ以前は選手一人ひとりの表情というよりは、試合の雰囲気やイメージを忘れない為の"備忘録"に撮ってましたけど…

一眼レフ持っちゃうと変わっちゃいますね!

色々と書くより、写真を見られた方がいいかと思うので、これまでの写真を何枚か羅列してみます。

https://www.instagram.com/p/-T6f9lzIUW/

侍ジャパンでもおなじみ、則本昂大

https://www.instagram.com/p/8amxUeTIW2/

今季、惜しまれつつ現役を退いた、斎藤隆さん。

https://www.instagram.com/p/8NScxyTIcX/

東北高校出身、ヤクルトの雄平。

https://www.instagram.com/p/-rGI0xTIaa/

そして、フォトコンテストにおける象徴的な一枚。侍ジャパンでも主将を務めた嶋、岩手県下閉伊郡普代村の星でお馴染みの銀次。

 

一眼レフを持って以降、被写体のスタイルが変わったような気がします。

ちなみに、コンデジで撮っていた頃ははこんな調子でした。

https://www.instagram.com/p/8yFopDzIRn/

あまり変わらないように見えますけど、やっぱり粗いんですよね…

この時は2006年ぐらいだったかと思いますが、いつかは一眼レフを手に入れたい!と夢見ていたころでした。あっ、池山コーチおかえりなさい。

今の機材は何を使っているのか…

一眼レフを手にして3年ちょっと。ついに今年、機材を総入れ替えしました。

昨年まではCANON EOS Kiss X2タムロンの18mm-200mmレンズ」を使っていたのですが、色々とありCANON EOS Kiss X70タムロンの70mm-300mmレンズ」へ買い換えました。

 

ボディは初心者対象のエントリーモデル(購入店のヤマダ電機の店員さん談)、レンズは最低限の望遠が出来る、とそこまでガチな構成ではありません。もっと高いボディやレンズを買うのも視野には入れていたのですが、野球観戦はチケットを買ってからがスタートだと思っており、チケット代への予算配分を苦慮した結果、現在の構成となったのでした。

ここがポイント、Eye-Fiカード。

僕は非常にめんどくさがり屋、そして試合後は大抵呑みに行っちゃうので、写真を整理する時間が取れないのが最大の悩みです。呑みに行くなよ、マメにやれよ、というツッコミはさておいて。撮って出しすることが多いです。

その撮って出しに欠かせないツールなのが、Eye-Fiカード。一眼レフ(コンデジでもいけますよ)で撮影した写真が、Wi-Fi経由で自身のスマホに取り込めるSDカードです。

 東芝など他メーカーでも同様のSDカードが販売されていますが、このジャンルでは一番有名だからという理由でeyefiを使い続けています。最近、カメラにWi-Fi転送が用意されている機種が増え、今後の存在はどーなる?と気になってはいますが、eyefiの人気は根強いのでしばらくは大丈夫そうですね。

この構成、最強。

この3点セットはプロ野球の試合を観戦に行く際には欠かせなくなっています。たまに充電を満足せずに球場へ行くときがありますが…それはまた凹むものです(笑)ホントに最強の3ツールだと思っています。

今はシーズンオフ、プロ野球開幕まであと100日ぐらい!

楽天イーグルスの公式サイトによると、来年のプロ野球開幕まで100日ぐらいのようです。100日ってあっという間なんですよね。3ヶ月ちょっとですから。このタイミングから3ヶ月ちょっと前なんて、9月頭ぐらいですか。色々と悩んでた時期ですな…。このシーズンオフ、過ごしかたを悩ますプロ野球ファンが沢山いると思いますが、これを気にカメラ、写真の道を知ることもイイことでしょう。野球の試合がなくても被写体は街に歩けばごまんとありますよ。

https://www.instagram.com/p/-5gfT5TIaQ/

猫とか…

https://www.instagram.com/p/-8ASH6zIRu/

つば九郎とか…

街に行けば何かあります。来季に向けた自主トレと思えば。

プロ野球の試合撮影が好きな人に悪い人はいないと思うよ、うん。

最後に、この記事のタイトルについて書いてみようかと。

実は僕、人間観察が下手くそです。人間観察が得意と自ら言われる方は本当にすごいと思うほどです。でも、下手だから下手で終わってしまうのはどうなのかと思う年代になり、僕自身も人間をよく観察しないとな…と深く感じてました。選手・コーチほかプロ野球に携わる方々の表情や動きを、写真撮影を通じて深く見る事が増えた今、徐々に人間観察が出来つつあるのかなと思っています。完璧に出来るわけではありませんが、出来ないレベルからは脱せたような気がしてます。客観的に言われたらそれまでなんですがね…(苦笑)

プロ野球の写真撮影を通じて、あの選手のこんなしぐさ、あのコーチのあんな指導法、これまで深く見ていなかった部分を見る機会が増えて、これまでとは違った見方が出来るようになったのが大きいですね。カメラのファインダーを除き、ボタンを押して、一枚の写真が生まれる以上の収穫でしょう。

 

たとえば、岩崎達郎さんと中川大志くんが、東京ヤクルトスワローズのマスコットのつば九郎と何の会話を交わしているのか…

https://www.instagram.com/p/_HbWMRzIVa/

福岡ソフトバンクホークス鳥越裕介コーチと、銀ちゃんこと銀次さんは何を想いグータッチをやっているのか…

https://www.instagram.com/p/8aEtRVzIeD/

などなど!

試合前や試合中にて、テレビや新聞が伝えることがない、リアルな一瞬を今後も試合撮影を通じて発信することが出来ればいいなと思っています。

 

プロ野球の試合撮影が好きな人に悪い人はいないと思うよ、うん。

ホッテントリーメーカーを駆使して今日の記事を書きましたが、なんとなくタイトル通りにまとまったような気がします。これからも写真を撮り続けて、全国・全世界の人々にプロ野球におけるリアルな一瞬を発信していきたいですね。FlickrInstagramのアカウントへのリンクを貼って、このネタを締めたいと思います。